ホーム 様々な技術分野に対応 盤石な管理体制 海外ホットライン 2週間以内の迅速納品 スタートアップの必読書 ビジネスモデル特許の取り方 意匠大図鑑 ソフトウェア特許(UI編) スペシャルオファー


はじめに

IPXの代表弁理士2名は外国語及び外国知財に精通したエキスパートです。代表弁理士CEOの押谷は欧州(ドイツ)の特許事務所へ、代表弁理士COO/CTOの奥村は韓国の特許事務所への留学経験がございます。これらのキャリアが活かせる知財主要国(米国、ドイツを筆頭とする欧州、中国、韓国)や、日本企業からも出願が多い台湾はもちろんのことですが、いわゆる知財新興国であり、これから知財市場の拡大が大きく見込まれるといわれる、ブラジル、ロシア、インド、東南アジア諸国(インドネシア・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン等)の実務経験も豊富にございます。

海外ホットライン

米国、ドイツ、中国、韓国における現地事務所とは、所長や幹部クラスとの力強いホットラインを構築しております。特に中国については、中国模倣品対策のパイオニア(IP FORWARDグループ)と業務提携をしています。このように、現地と円滑にコミュニケーションを取り、迅速な対応をとることが可能です。すなわち、ビジネス主要国をほとんどカバーできる体制がございますので、貴社の海外展開の際には、お気軽にご相談いただければ幸いです。

日本以外の五大特許庁

米国

現地事務所との協力のもと、登録までにかかるIDS費用の一部定額制を採用(業界初と思われる)しています。

欧州

代表弁理士CEOの押谷がミュンヘン・ベルリンでの留学を経て、ホットラインの構築を実現しました。

中国

IP FORWARD グループとの提携により、出願前の調査~登録後の権利活用、模倣品対策まで提供可能にしました。

韓国

代表弁理士COO/CTOの奥村がソウルでの留学を経て、ホットラインの構築を実現(大韓弁理士会の副会長とも懇意)しました。



ASEAN

各国での実務経験を有し、現地代理人と協力のうえ、各国の法制度に合わせたサービスを提供可能です。



その他重要国

各国での実務経験を有し、現地代理人と協力のうえ、各国の法制度に合わせたサービスを提供可能です。

クリアな料金システム

外国出願をお考えの企業様又は既に外国出願を行っている企業様の共通の悩みとして、「外国出願は高い」、「外国出願は複雑」等が挙げられます。現地代理人費用はもちろんですが、日本の代理人費用としても、翻訳料金、優先権主張料金、自発補正料金、図面加工料金、特定書類作成費用(IDS等)といったものが発生します。そして必要書類そのものが国ごとに異なっていて、お客様の悩みの種ではないかと思います。

当所IPXでは、発生する費用を「出願・移行系」、「翻訳系」、「審査請求系」、「OA応答系」、「登録系」の5カテゴリに分類し、これらいずれにも該当しないものについては原則は費用請求をいたしません。

具体的に言うと例えば、米国ではIDSという制度がありますね。米国では、他国の関連出願(いわゆるファミリー)にOA等の進捗があった場合に、その旨を米国特許庁に報告する義務を負いますが、これを怠ってしまうと権利行使ができなくなるおそれがあります。このため、IDSの度に現地代理人や日本代理人から請求書が送られてくることとなります。

この制度による費用は、上記のいずれにも当てはまらないため、当所IPXではIDSを無料で対応いたします。これには当然現地代理人の協力も必要となりますが、我々が現地代理人ネットワークを駆使して、我々の考え方(いかに料金をクリアにするか)に同意してくれる代理人を探すことに成功しております。基礎出願が他事務所であっても積極的に受任いたしますので、お気軽にご連絡ください。

顧問契約の活用

当所IPXでは、顧問契約を締結されているお客様には、弊所で担当した国内特許出願1件につき優先権主張出願を1回無料で行うことができます(ゴールドプラン:年4回まで、プラチナプラン:年8回まで)。対象となる優先権主張出願とは、国内優先権出願、パリルート外国出願、PCT出願の3つです。例えば、当所IPXで担当した特許出願案件をパリルートでアメリカに出願したい場合は、本来150,000円かかる出願手数料がかかりません。

このように、顧問契約を活用することで、複雑な外国出願に関するアドバイスを気軽に且つ適切に受けられるとともに、スポットの場合に比べて費用を抑えることができます。詳細はこちらをご参照ください。



お問合せフォーム