ホーム 様々な技術分野に対応 盤石な管理体制 海外ホットライン


はじめに

IPXの代表弁理士2名は外国語及び外国知財に精通したエキスパートです。代表弁理士CEOの押谷は欧州(ドイツ)の特許事務所へ、代表弁理士COO/CTOの奥村は韓国の特許事務所への留学経験がございます。これらのキャリアが活かせる知財主要国(米国、ドイツを筆頭とする欧州、中国、韓国)や、日本企業からも出願が多い台湾はもちろんのことですが、いわゆる知財新興国であり、これから知財市場の拡大が大きく見込まれるといわれる、ブラジル、ロシア、インド、東南アジア諸国(インドネシア・タイ・シンガポール・マレーシア・フィリピン等)の実務経験も豊富にございます。

海外ホットライン

米国、ドイツ、中国、韓国における現地事務所とは、所長や幹部クラスとの力強いホットラインを構築しております。特に中国については、中国模倣品対策のパイオニア(IP FORWARDグループ)と業務提携をしています。このように、現地と円滑にコミュニケーションを取り、迅速な対応をとることが可能です。すなわち、ビジネス主要国をほとんどカバーできる体制がございますので、貴社の海外展開の際には、お気軽にご相談いただければ幸いです。

日本以外の五大特許庁

米国

現地事務所との協力のもと、登録までにかかるIDS費用の一部定額制を採用(業界初と思われる)しています。

欧州

代表弁理士CEOの押谷がミュンヘン・ベルリンでの留学を経て、ホットラインの構築を実現しました。

中国

IP FORWARD グループとの提携により、出願前の調査~登録後の権利活用、模倣品対策まで提供可能にしました。

韓国

代表弁理士COO/CTOの奥村がソウルでの留学を経て、ホットラインの構築を実現(大韓弁理士会の副会長とも懇意)しました。



ASEAN

各国での実務経験を有し、現地代理人と協力のうえ、各国の法制度に合わせたサービスを提供可能です。



その他重要国

各国での実務経験を有し、現地代理人と協力のうえ、各国の法制度に合わせたサービスを提供可能です。