メンバー 押谷 昌宗 奥村 光平 弁理士・弁護士 技術系スタッフ 事務系スタッフ


奥村 光平(オクムラ コウヘイ)

代表弁理士 COO/CTO


言語

  • 日本語/英語/韓国語

専門

  • 画像処理
  • ロボティクス
  • VR/AR
  • AI/IoT
  • 仮想通貨/ブロックチェーン
  • 光学
  • ドローン
  • 3Dプリンタ
  • 射出成形
  • 医療機器

連絡

    

経歴 資格(学位) 留学 受賞 特許(発明者) メディア出演 活動 委員会等 執筆 詳細プロフィール

経歴

  • 早稲田大学理工学部応用物理学科 卒業
  • 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 修士課程修了
  • 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 博士課程修了
  • 日本学術振興会特別研究員 (DC2&PD)
  • 鈴榮特許綜合事務所 特許技術者
  • 都内の外国に強みを持つ特許事務所 弁理士
  • 弁理士法人 IPX 代表弁理士COO/CTO

資格(学位)

  • 弁理士
  • 博士(情報理工学)
  • TOEIC公開テスト 920点
  • 実用英語技能検定試験 準1級
  • 韓国語能力試験4級(中上級)
  • 実用数学検定1級(計算技能)
  • Autodesk Fusion 360 Certified User

留学

  • 韓国(ソウル)の特許事務所 (2017)

受賞

  • 映像情報メディア学会 鈴木記念奨励賞 (2012)
  • 映像情報メディア学会 学生優秀発表賞 (2012)
  • 画像センシングシンポジウム SSIIオーディエンス賞 (2013)
  • 日本ロボット学会 学会誌論文賞 (2013)
  • 経済産業省/デジタルコンテンツ協会 Innovative Technologies 2013 (2013)
  • 経済産業省/デジタルコンテンツ協会 Innovative Technologies 2013 特別賞 (Industry) (2013)
  • 映像情報メディア学会 優秀動画コンテンツ賞 (2014)
  • 画像センシングシンポジウム SSII最優秀講演賞 (2014)
  • 計測自動制御学会 論文賞(蓮沼賞)(2014)
  • 計測自動制御学会 計測論文賞 (2014)
  • 日本バーチャルリアリティ学会 論文賞 (2015)
  • Advanced Robotics Best Paper Award, the Robotics Society of Japan (2015)

特許(発明者)

  • 特許6709924 特許権者: 特許業務法人IPX, 発明者: 奥村: "情報処理装置、情報処理方法、プログラム及び書類" (2020.5.28)
  • 特許6744643 特許権者: 特許業務法人IPX, 発明者: 奥村, 押谷, 植野, 三戸: "情報処理装置、プログラム、及び書類作成方法" (2020.8.4)
  • 特許6865995, 特許権者: 特許業務法人IPX, 発明者: 奥村, 奥村, 山下: “情報処理システム、情報処理方法及びプログラム" (2021.4.9)
  • 特許6914491, 特許権者: 特許業務法人IPX, 発明者: 奥村, 植野: “情報処理システム、プログラム及び情報処理方法” (2021.7.16)
  • 特許6943520, 特許権者: 特許業務法人IPX, 発明者: 植野, 作山, 奥村: “情報処理システム、情報処理方法及びプログラム” (2021.9.13)
  • 特許6955299, 特許権者: 特許業務法人IPX, 発明者: 奥村: “情報処理装置、プログラム及び情報処理方法” (2021.10.15)
  • 他10件特許出願中

メディア出演


活動

  • (独)情報処理推進機構 基本情報処理試験 校閲者 (2011 - 2012)
  • IIP知財塾 第11期塾生 (2017 - 2018)
  • アジア弁理士協会日本部会 会員 (2018 -)
  • 韓国企業にてBC特許に関するセミナー講師[韓国語](2019/03/28)
  • 第1回「特許の鉄人」~クレーム作成タイムバトル~ ソフトウェア部門で出場 (2019/06/19)
  • 韓国企業にてBC特許に関するセミナー講師[韓国語](2019/03/28)
  • 2019 Daejeon International IP Festival 招待講演 [英語](2019/07/16)
  • 金沢大学にてソフトウェア特許に関するセミナー講師 (2019/11/01)
  • 第19回自習研修会「より良い明細書を目指して」講師「MS Wordから始める知財リーガルテック ~VBAプログラムを用いた明細書作成の時短化と高品質化~」(2019/12/06)
  • 第2回「特許の鉄人」~クレーム作成タイムバトル~ 審査員 (2020/01/17)
  • 知財塾「明細書作成ゼミ」ファシリテーター (2020/01 - 04)
  • 知財塾「明細書作成ゼミ」ファシリテーター (2020/10 - 12)
  • 知財塾「中間応答(IT・電気)ゼミ」ファシリテーター (2021/01 - 03)
  • 関西特許研究会 特許部会講演「質速両立を目指すためのIT支援型実務」(2021/06/25)
  • 第7回RA年次大会「アカデミア・特許事務所・知財コンサルティングの視点から考える知財戦略 〜特許事務所の場合〜」 (2021/09/15)
  • 知財塾「発明ヒヤリング(IT・電気)ゼミ」ファシリテーター (2022/01)

委員会等

  • 弁理士クラブ 受験生支援委員会 委員長 (2018 -)
  • JIPDEC [総務省・経済産業省] ISO/PC317国内審議委員会 委員 (2019 -)
  • 弁理士クラブ 祝賀会委員会 委員長 (2020 -)
  • 日本弁理士会(関東会) 企画およびサービス委員会 委員 (2019 -)

執筆

  • 奥村光平, 奥寛雅, 石川正俊: "アクティブビジョンの高速化を担う光学的視線制御システム," 日本ロボット学会誌, Vol.29, No.2, pp.201-211 (2011) [2013年 日本ロボット学会論文賞受賞]
  • 奥村光平, 奥寛雅, 石川正俊: "高速光軸制御を用いた動的物体への投影型拡張現実感," 映像情報メディア学会誌, Vol.67, No.7, pp.J204-J211 (2013) [2014年 映像情報メディア学会動画コンテンツ優秀賞受賞]
  • 末石智大, 奥村光平, 奥寛雅, 石川正俊: "二眼駆動鏡面式視線制御による高速運動・変形物体のステレオ計測システム," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18, No.2, pp.181-190 (2013)
  • 奥村光平, 石井将人, 巽瑛理, 奥寛雅, 石川正俊: "高速視線制御光学系による高速飛翔体の映像計測, 計測自動制御学会論文集," Vol.49, No.9, pp.855-864 (2013) [2014年 計測自動制御学会論文賞・蓮沼賞受賞], [2014年 計測自動制御学会計測部門論文賞受賞]
  • 末石智大, 長谷川圭介, 奥村光平, 奥寛雅, 篠田裕之, 石川正俊: "空中超音波触覚ディスプレイ・カメラ系による高速ダイナミック情報環境とその校正手法," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19, No.2, pp.173-183 (2014) [2015年 日本バーチャルリアリティ学会論文賞受賞]
  • 宮下令央, 藏悠子, 奥村光平, 奥寛雅, 石川正俊: "高速光軸制御を用いた動的物体の非接触振動計測システム," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.19, No.2, pp.99-104 (2014)
  • Kohei Okumura, Keiko Yokoyama, Hiromasa Oku, and Masatoshi Ishikawa: "1 ms Auto Pan-Tilt - video shooting technology for objects in motion based on Saccade Mirror with background subtraction," Advanced Robotics, Vol.29, Issue 7, pp.457-468 (2015) [Advanced Robotics Best Paper Award, the Robotics Society of Japan]
  • 安井雅彦, アルバロ カシネリ, 奥村光平, 奥寛雅, 石川正俊: 残像による動体軌跡上情報投影手法の提案とその実現にむけた残像特性の基礎的研究, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.20, No.1, pp.55-64 (2015)
  • 大石, 奥村, 貞光, 吉村, 小林: "人工知能がした発明の特許法での取り扱いについて," IIP知財塾第11期生研究成果報告 (2018)
  • 奥村光平: "AR/MR関連出願で使用されるクレーム表現の考察," パテント, Vol.74, pp.43-54 (2021)

詳細プロフィール

  • 早稲田大学では理工学部応用物理学科に所属し、自然科学である物理の基礎を学ぶ。卒業研究では、中島啓幾研究室において、光の波長を変換するデバイスを良し悪しを非破壊で観察する顕微鏡の研究を行う。
  • 大学卒業後は、東京大学大学院情報理工学系研究科に進学し、石川正俊研究室において、高速光軸制御に関する研究で博士(情報理工学)を取得。日本学術振興会が限られた博士課程の学生を経済的に援助する特別研究員(DC2)にも採用。また在学中に、日本ロボット学会学会誌論文賞、計測自動制御学会論文賞(蓮沼賞)、計測自動制御学会計測論文賞、Advanced Robotics Best Paper Award, the Robotics Society of Japan他、数多くの学術的な賞を受賞。
  • その後一時は研究者を志すも、研究そのものよりも技術的な成果を文章に残す仕事こそ、自分自身を活躍させる最適なフィールドであると気づき、大学研究員から心機一転特許事務所に転職。大手特許事務所と中小特許事務所の2箇所で、大企業から中小企業まで数多くの権利化業務に携わる。事務所在籍中に弁理士資格も取得。特に高度な専門性を求められる、ロボット制御、画像処理、医療機器等の分野でクライアントからの信頼が厚い。
  • 弁理士法人IPXを押谷とともに立ち上げて組織をまとめる立場となった現在では、事務所内のクオリティコントロール、新人育成、VBAをベースとするシステム開発等を主に手掛けているものの、未だ一実務家として、数多くの大学研究機関や大学発ベンチャー企業等の権利化業務に自ら携わっている。もともと大学研究者を志していたことから教育にも関心があり、現在株式会社知財塾が運営する知財塾にて、明細書作成や中間対応等の実務系の講座のファシリテーターも務めている。
  • 趣味は語学とプログラミングで、日本語、英語、韓国語を操るマルチリンガル。例えば発明者と英語で面談して内容を理解し、これを明細書に落とし込むこと等を得意としている。韓国語も中上級レベルで韓国代理人と韓国語での意思疎通が可能な数少ない日本弁理士。実務支援プログラムの開発では日本の弁理士の中でも有数の知名度を誇り、自身の手掛けたシステムを特許取得する反面、業界の発展のために事務所弁理士向けの数々のセミナー等を実施することもある。