ホーム 様々な技術分野に対応 盤石な管理体制 海外ホットライン 2週間以内の迅速納品 スタートアップの必読書 ビジネスモデル特許の取り方 意匠大図鑑 ソフトウェア特許(UI編) スペシャルオファー セカンドオピニオン 超緊急!即日出願!


発明のポイント、抑えてる?

1. 第三者からの客観的な意見も必要

健康維持のため、自分の診療内容/診療方針について、担当医以外の第三者的な立場の医師に意見を求めることがあります。これにより、自分の受けている診療が適切であるかどうかを判断することができます。特許事務所も同様に、依頼した弁理士の発明の捉え方、権利行使先の特定等について、第三者の客観的な意見を求めることは重要です。せっかく素晴らしいアイデアを思いついたとしても、特許法上の“発明”に昇華させるのは一般的には弁理士の仕事です。しかし、万が一依頼した弁理士が予期せぬ“発明”に作り変えてしまった場合、権利取得/維持にかかる費用が無駄になる可能性があります。

2. 具体的なケース

以下のようなサービスを検討しており、とある弁理士に依頼した特許書類が完成しました。このまま出願して問題はありませんか?


2a. 想定サービス


2b. 依頼した弁理士から届いた書類

依頼した弁理士は、ユーザーアプリを発明として捉え、ユーザーアプリについて請求項を作成しました。


2c. 問題の所在

確かに、本サービスの内容を聞くと、ユーザー端末にインストールされたユーザーアプリについてイメージしやすく、ユーザー端末を利用した「方法」について請求項を作成するのは一見自然に思えます。

しかし、本サービスに関する特許権を取得し、類似サービスを提供するライバルに対して権利を作用させたい場合、「方法」で権利化したとしても、「方法」の実施主体はあくまで「エンドユーザー」であり、「ライバル」ではありません!これでは、いくら権利が取得できても、ライバルを訴えることはできず、法律上はエンドユーザーが「特許侵害者」となってしまいます。自らのサービスを利用してくれるエンドユーザーを訴える人は存在しないのではないでしょうか?

2d. セカンドオピニオンの内容

権利行使先をしっかりと特定し、「ユーザー端末で実行される方法」ではなく、「ライバルが管理するサーバ側の処理」についての請求項の作成が好ましい旨の診断結果をお伝えします。

なお、発明の捉え直しに加え、不要な構成が存在しないかについても診断いたします。優れたアイデアと優れた権利は全く別。せっかくのアイデアも不要な構成を加えることで、使い物にならない権利になることがあるので、少しでも違和感を覚えたらお気軽のご相談願います。


3. <特別価格>でご提供

当所では、以下の内容でセカンドオピニオンを提供いたします。


<セカンドオピニオンの内容>

- 請求項:発明の捉え方、権利行使先の特定等に誤りがないかの診断(50,000円)(※1)

- 明細書:発明を実施するために必要な説明が含まれているか、不明確な内容はないか等の診断(100,000円)(※2)

- 図 面:発明を適切に表現できているか、不足しているフローチャートはないか等の診断(25,000円)(※3)


※1 請求項10項まで

※2 20頁まで21頁以上:3,000円/頁

※3 10図まで11図以上:1,000/図


お問合せフォーム