ホーム 様々な技術分野に対応 盤石な管理体制 海外ホットライン 2週間以内の迅速納品 スタートアップの必読書 ビジネスモデル特許の取り方 意匠大図鑑 ソフトウェア特許(UI編) スペシャルオファー セカンドオピニオン 超緊急!即日出願!


明日発表なのを忘れてた!間に合うか!?

1. 発表前の出願の重要性

特許権を取得するためには、「新規性(=世の中に知られていないこと)」が求められます。つまり、発明の内容を発表した後には、原則として特許権は取得できません。なお、自らの発表をなかったことにする「新規制喪失の例外」手続きを活用することも考えられますが、あくまでこれは例外とするべきです。「新規制喪失の例外」により自らの発表をなかったことにしても、出願前に第三者が発表した場合には新規性がなくなり、第三者が出願した場合には「先願主義(※1)」により特許権の取得が困難になります。

以上より、特許の取得を検討しているアイデアがある場合、可能な限り発表前に出願することが望まれます。


※1 先願主義:同一の発明について異なつた日に二以上の特許出願があつたときは、最先の特許出願人のみがその発明について特許を受けることができる(特許法第39条第1項)


2. 最短即日!超緊急出願!

「発表の準備で忙しく、特許まで頭が回らなかった」、「そもそも発表したら特許を取得できなくなることを前日に知った」等、様々な理由で発表前日になって後悔することがあります。一般的に、依頼してから特許出願までは1-2ヶ月かかるため、常識的に考えて、発表前日に慌てて対応しても出願は不可能です。

当所では、「国内優先権」を利用することにより、ご依頼いただいた日に出願できるサービスを提供しております。「国内優先権」とは、基礎となる出願にアイデアを追加して出し直すことができる制度です。本サービスの流れは以下の通りです。

1) ご依頼:発明内容のヒアリング

2) 即日出願:最短でご依頼いただいたその日に最低限の内容で特許出願(=基礎出願)を行います

3) 内容を追加して再出願:発明の内容を追加した正規の出願(優先権主張出願)を後日行います

3. スケジュール

超緊急出願のご依頼から出願までは、以下のスケジュールに従います。なお、優先権主張出願は基礎出願から12ヶ月以内に行う必要がございます。

<最短即日:超緊急出願の流れ>

4. 超緊急出願に適しているケース

あらゆる案件が超緊急出願に適しているわけではございません。「国内優先権」を利用した超緊急出願は、発明前に最低限の内容で出願することにより出願日を確保し、後日内容を拡充させて再出願するものですので、発明により発明の内容が全て公知になる場合には適しておりません。

一方、ソフトウェア等のサービスの場合、利用画面(UI)を発明したとしても、そのサービスを実現しているアルゴリズム/システム構成については公知にならない場合があります。

具体的には、サービスの概要(アイデアA)を発表する場合、発表前にアイデアAについて基礎出願をし、具体的なアルゴリズム/システム構成(アイデアAの下位概念:a1, a2, a3, a4, a5…)については発表後であっても公知でなければ後日優先権主張出願をすることが可能です。

超緊急出願に適しているケース

超緊急出願に適さないケース

  • 発明の具体的な内容までは公表されないもの
  • ex) サービスの概要を発表し、アルゴリズム/シ
    ステム構成については公表しない場合
  • パッと見ただけで発明の詳細が公知になるもの
  • ex) タイヤの溝の形状、ボトルの形状など、構造
    に特徴があるもの
  • ※ 内部構造に特徴があり、発表の際においても外
    部から視認できないものは超緊急出願の余地あり



5. 料金について超緊急出願に適しているケース

基礎出願と優先権主張出願をセットで「500,000円」でご提供いたします。なお、優先権主張出願の期限が基礎出願から12ヶ月ですので、ご依頼時点に料金を請求させていただきます。また、優先権主張出願につき、追加費用(※2)が発生する場合がございます。

以上より、特許の取得を検討しているアイデアがある場合、可能な限り発表前に出願することが望まれます。


※2 基礎費用:25頁までは500,000円に含まれます

  追加費用:26頁以上になる場合、15,000円/頁を加算させていただきます


お問合せフォーム